若ハゲや薄毛での辛かった体験談|髪が薄いから経験したイヤな思い出

【40歳男性】
20代半ばからM字型に髪が少なくなり始め、30代前半に仕事でのストレスが原因で、薄毛が一気に進行しました。

現在は頭頂部の髪は全くありません。

私の薄毛で辛かった経験は、保育園に通う次男の保育参観でのことでした。

仕事の都合で、妻が出席できなかったので、私が休みを取り、参加することになりました。

その日の保育は、親子4組のグループに分かれ、親子でストレッチや簡単な組み体操をするというものでした。

平日ということもあり、保護者のほとんどが母親ばかりで、グループの中で父親は私だけでした。

話す相手もおらず、手持ち無沙汰だったので、息子と相撲の真似事をして遊んでいると、他の子も一緒に遊び始めて、私は子どもたちと打ち解けました。

そんな時、子どもの1人が言いました。

「○○君のパパ、お侍さんみたいな頭だね」

すぐにその子の母親が私に謝りました。

「すみません、失礼なことを言って」

私は初めは意味が分からなかったのですが、すぐに理解しました。

その子は私の頭に髪がないので、侍の月代のようだと言ったのです。

それまでの和気藹々とした雰囲気から一変して、とても気まずい雰囲気になってしまいました。

母親たちがチラチラと私の頭を見ているのが分かり、私は居たたまれない気持ちになりました。

もう楽しく遊ぶ気にもなりませんでした。 ただ息子が全く気付いてなかったのが、不幸中の幸いでした。

保育園からの帰り、将来息子は私の薄毛が原因で、からかわれてしまう可能性があることに気付き、余計に悲しい気持ちになってしまいました。
【31歳男性】
出会いがなく、寂しい独身生活を送っている33歳のサラリーマンです。

31歳になってから髪の毛のハリが少なくなり、髪質が柔らかくなってから抜け毛が増え始めました。

マズイ状況を改善するために育毛剤を塗ったり、亜鉛のサプリを飲んだりしていますが、抜け毛の本数は変わらないので苦戦しています。

薄毛になって辛かったのは、32歳の時に参加した街コンで恥ずかしい体験をしたことです。

参加したきっかけは会社の同期に誘われたからです。

自分と同じようにモテない男ですが、髪の毛の量は非常に多く、地肌が見えないほどの剛毛です。

本気で彼女が欲しかったので、薄毛が目立たないように気合を入れて髪型をセットし、街コンに参加しました。

街コンの会場を同期と歩いていると、2人組みの女性を見つけました。

女性と話をするのは得意ではないですが、彼女が欲しかったので精一杯頑張りました。

反応が良く、これなら連絡先を交換できると思っていた矢先、同期が自分の薄毛を話題に出しました。

笑わせるために私の薄毛をネタにしたのでしょうが、女性陣の反応はイマイチでしたし、気にしていた薄毛をネタにされた恥ずかしさによって、それ以降はアピールできずに終わりました。

もう少しで連絡先を交換できそうな場面で薄毛をネタにされたことで腹が立ち、その後はすぐに帰宅しました。

この1件以降、同期とは一言も会話していません。この出来事は髪の毛がフサフサなら起こらなかったので、何とか改善させたいです。
【39歳男性】
私の家系は髪の薄いようで、20代前半から少しずつ薄くなり始めていました。

現在私は周りにしか髪がありません。

分かりやすくいうと、サザエさんの波平さんのから頭頂部の一本を無くした状態です。

普通にしていても、自然と薄くなっていたのでしょうが、ストレスが原因で加速度的に薄毛が進行しました。

私が30歳の頃、某ファミリーレストランチェーンで店長をしていました。

入社8年目、店長3年目で少しずつ店舗運営に慣れ始めていた頃のことでした。

その年から、新入社員を預かるようになり、私と25歳の副長、そして新入社員の社員3人とアルバイトおよそ30人でお店を運営していました。

しかし、その年の8月に近くに同業他社の店舗が出店した時から、全てがおかしくなり始めました。

同業他社が出店した場合、どんなお店でも必ず売上が落ちてしまいます。

前年と比較して85%から90%程度で売上が推移していきました。

悪いことに私のお店は会社の重要戦略店舗に指名されていましたので、直属のエリアだけでなく、会社全体から注目を浴びていました。

連日のように上司から売上に関するヒアリングが行われ、本部にも呼び出されましたが、売上が上がるはずもありません。

しかし、どうにもなりませんでは済みませんから、私には経費を抑えることで、少しでも利益を上げるように指示されました。

まず副長が異動となりました。 しかし副長ありきで店舗運営していましたので、営業に大きな支障が出ました。

新入社員もよく頑張っていましたが、営業は滞り、アルバイトからも不平不満が噴出し、辞めていくアルバイトが続出しました。

上からも下からも批判やプレッシャーに晒され、私には猛烈なストレスが溜まり、体調がおかしくなりました。

顕著だったのが、髪の毛でした。 M字ハゲが一気に進みました。

半年ほどの間に生え際が4cmほど後退し、頭頂部も見て分かる程の薄さとなりました。

さすがに上司も私の異常に気付き、しばらくして私は違うお店に異動となりました。

ストレスが原因なので、ストレスがなくなれば元通り生えるかと思いましたが、異動後も髪が生えることはなく、そのまま薄毛が進行し30代後半には頭頂部の髪は全滅してしまいました。

34歳の薄毛男が発毛剤スカルプDのミノキシジルを使用して髪の毛が生えた体験談